Positive Psychology /April 10, 2019

April 10, 2019: Happiest Meeting of our life
4月10日、新共和主義研究会の一環として、日本橋マンダリンオリエンタルで来日中のセリグマン 教授とのミーティングを行いました。

マーチン・セリグマン博士との専門家会合

2019年4月10日 マンダリンオリエントホテル 朱鷺の間
出席者
Martin Seligman
Mandy Seligaman
小林正弥  千葉大教授
濱田総一郎 経営者、(株)パスポート社長
岩崎一郎  脳科学者
鳩山友紀夫 共和バンド顧問、東アジア共同体研究所理事長
首藤信彦  共和バンド代表

We had meaningful time with Professor Seligman from USA.

Prof.Martin Seligman is the founder of positive psychology, a field of study that examines healthy states, such as happiness, strength of character and optimism.

マーティン セリグマン 教授はポジティヴ心理学の創始者として知られ、一般的な幸福の捉え方からサスティナビリティが重要だと説き、PERMAという5つの指標を提示しています。

Positive Psychology with Prof.Seligman 資料 Microsoft Word

Positive Psychology 0412 鳩山レポート PDF

Positive Psychology Workshop 0413 レポート PDF

Seligman’s PERMA Model

The PERMA model was designed by Prof. Martin Seligman with five core element of psychological well-being and happiness. 


PERMA is an acronym for a model of well-being put forth and it makes up five important building blocks of well-being and happiness:

What is PERMA?

• Positive emotions – feeling good
• Engagement – being completely absorbed in activities
• Relationships – being authentically connected to others
• Meaning – purposeful existence
• Achievement – a sense of accomplishment and success





そして議論は、この概念を、どう全ての人の幸福に活かしていけるか、そこに政治の力はどう、貢献できるかなど、実践的な戦略へと展開してゆきました。さらには、その調査に今、欧米で進められているビッグデータを利用したシステムを、日本に応用してゆく道など、具体性に富んだディスカッションが進んでゆきます。最後に、セリグマン 教授からは、私の人生におけるこれまでのミーティングの中で最も重要なものの1つだったという言葉をいただきました。